歩き方だけでもこんなに変わる!?疲れにくい登山の方法

登山には体力が必要であることは間違いありません。しかし、それ以外にも知識や技術によって難易度はかなり変わってきます。

ここでは登山の疲れにくい歩き方を皆様にお伝えしていきます。

歩幅狭く

山道は普段歩いている歩道と違い、傾斜が多くゴツゴツとした地形が多い。平地と同じように歩いてしまうとすぐに体力を消耗してヘトヘトになってしまいます。体力を付けることも重要ですが、まずは基本の歩き方を覚えましょう。

登りの基本

登山では日常と違って登りと下りで歩き方を変える必要があります。正しい歩き方を覚えて登山を楽しみましょう。

歩幅は小さく

登山の登りでは太ももに一番負荷がかかりやすいです。疲労がたまりやすいのでその部分の筋肉をできるだけ疲れさせない歩き方が肝心になります。疲れにくいコツとしては普段よりも小さい歩幅で足の裏すべてを使って着地することが重要です。

腕を勢いよく振って歩かず、体感は極力まっすぐに保ったまま体力の消耗を最小限に留めます。荷物を背負うと前傾姿勢になりがちですが、身体の重心が偏っていると転倒のリスクが高まります。重い荷物であっても体を起こして少し前を見て歩きましょう。

急坂

登山道のなかでもより急な坂道では、狭い歩幅と足の裏全体を使って着地することに加えて、踏ん張りの利くガニ股で歩くことが疲れにくい秘訣です。体重をゆっくり移動させながら1歩ずつ確実に進んでいきましょう。

段差

自然豊かな山には木の根が入り組んでいたり、ゴツゴツとした岩の段差に遭遇することもあるでしょう。スタミナを重視しなくていいなら段差を乗り越えるのは容易ですが、体力をひたすら温存する必要のある登山では、大きな段差は迂回して回避するのが鉄則です。回避がこんなんな場合にはできる限り動きを最小限に留め、スタミナの浪費を抑えましょう。

下りの基本

安全な登りを覚えたら次は下りの方法を覚えましょう。下りは登り以上に転倒のリスクが高いので、より慎重な足運びを要求されます。

転倒に気を付ける

下りは登り以上に転倒に気をつける必要があります。登りでも転倒は危険ですが、下りの場合転がり落ちてしまうリスクが大きいため、身体の重心に細心の注意を払いましょう。

足元を見てばかりだと重心が前にかかってしまうため上体は起こしつつ、足裏で地面をとらえながら体重をゆっくりと移動させましょう。かかとから着地すると踏ん張る必要があり、ひざやふくらはぎに余計な負荷がかかってしまいます。

急坂

急な坂道は滑りやすいため小さい歩幅で足の裏全体を使ってゆっくりと進むことが肝心です。傾斜に足を取られないようゆっくりと慎重に真下に降りるような感覚で坂を下りましょう。

段差

登るときと同じく大きな段差は回避することが第一となります。ただし、回避できない場合には足を横向きにしてカニ歩きで段差を降りることがポイントとなります。

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、登山仲間と遠方の山まで登山を楽しみに行ったり、休日に都会の喧騒から離れて自然と触れ合ってリフレッシュしようという方は多いのではないでしょうか。

特に休日を利用して、2013年に世界文化遺産に登録された富士山に登ってみようという人も多いかと思います。

いずれのケースでも沢山の登山用具を車や電車に持ち込んでの移動は大変ですし、場所によっては最寄駅から登山口までの距離が遠く離れていたり、帰りのバスや電車の時間が気になって山登りを堪能できないということもあります。

そんなとき、貸切バスなら乗車場所はもちろんのこと、登山口や下山口まで送迎することも可能です。

また、運転はプロドライバーにお任せして、移動中は遠慮なく仲間同士で交流することができます。

移動から登山まで全て楽しみたいという方は、ぜひとも貸切バスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ