これで完ぺき!登山で必要になる持ち物まとめ

いざ登山を始めようと思っても、登山に必要な道具は意外と多く、何を揃えればいいか分からないことは多いと思います。そんな方々のために、ここでは登山で必要になる道具を全て洗い出してみました。

必須の持ち物

レインウェア

たとえ天気が良くても必須。雨や汗などで身体を濡らすことは低体温症の危険性を伴うので、体温調節の面から非常に重要な役割を担っています。濡れたレインウェアを収納するために、防水機能のある入れ物を用意しておくと役に立つでしょう。

ザックカバー

雨からザックの中身が濡れないように守ります。ザックを購入すると付いてくることがあります。大きめのビニール袋でも代用可能。

ヘッドライト

夜の山は想像以上に暗いです。懐中電灯だと手がふさがるので、なるべくヘッドライトの方がよいでしょう。

水筒・ハイドレーションパック

最低でも1リットルは欲しいです。ペットボトルでも代用可能。

タオル

汗を拭くだけでなく、止血などにも使えます。

携帯電話

GPSを使う地図アプリが優秀。緊急時の連絡にも。バッテリー切れにならないように機内モードにしておくのがおすすめ。

地図・コンパス

携帯電話だけではなく、登山用の地図とコンパスを用意するべきです。

登山計画書

登山に行く前に書いておきましょう。

非常食

緊急用の食糧。高カロリーで日持ちするものが好ましいです。

健康保険証のコピー

万が一の大怪我などに備えて必ず持っていきましょう。

トイレットペーパー

あると非常に便利ですし、これも必須でいいでしょう。

ビニール袋

ゴミを入れたり、濡れたものを入れたり。数枚持っていきましょう。

あったら便利なもの

ガスバーナー・コッヘル

登山中に調理するなら必須です。

ストック

腰への負担を大幅に軽減することができます。また、折り畳み式のものがほとんどなので嵩張らないです。

携帯ナイフ・ライター

あると役に立つ場面が結構あります。

サングラス・日焼け止め・帽子

紫外線対策。帽子は熱中症予防にもなります。

ファーストエイドキット

テーピング、三角巾、バンドエイド、包帯などが入っている初期治療セット。

虫よけ

意外と忘れがちなアイテム。山は虫が多いです。

場合によって便利・必要なもの

テント・シュラフ・マット

テント泊をするなら必須。マットなしだと寝るとき痛いです。

レインスパッツ

靴の中に雨や泥が入ってくるのを防ぐ装備です。

グローブ

寒い季節は必要。保温性・防水性に富んだものがよい。

軽アイゼン

靴底に取り付ける爪状の滑り止め。雪渓を歩く際は必ず用意しましょう。

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、登山仲間と遠方の山まで登山を楽しみに行ったり、休日に都会の喧騒から離れて自然と触れ合ってリフレッシュしようという方は多いのではないでしょうか。

特に休日を利用して、2013年に世界文化遺産に登録された富士山に登ってみようという人も多いかと思います。

いずれのケースでも沢山の登山用具を車や電車に持ち込んでの移動は大変ですし、場所によっては最寄駅から登山口までの距離が遠く離れていたり、帰りのバスや電車の時間が気になって山登りを堪能できないということもあります。

そんなとき、貸切バスなら乗車場所はもちろんのこと、登山口や下山口まで送迎することも可能です。

また、運転はプロドライバーにお任せして、移動中は遠慮なく仲間同士で交流することができます。

移動から登山まで全て楽しみたいという方は、ぜひとも貸切バスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ