初心者でも大丈夫!失敗しないレインウェアの選び方

山の天気は変わりやすいので、晴れた日であってもレインウェアは必須です。もし、レインウェアを持っていかず雨に濡れ続けると体温が低下し、低体温症に陥る危険性があります。 雨から身体を守るために、登山をするときは必ずレインウェアを持っていきましょう

レインウェアを選ぶポイント

防水・透湿性

レインウェアを選ぶにあたって最も重要な要素です。防水性が低いレインウェアを着用すると、雨や雪が服に染み込んでいき体温が奪われます。また、透湿性が低い場合は、着用時にかいた汗が逃げ場を失ってしまいます。かいた汗をそのままにしておくと不快になるだけではなく、徐々に体が冷えてしまいます。レインウェアを選ぶ際は、ゴアテックスという防水性・透湿性に優れた素材を使ったものにするのが無難です。

登山用のレインウェアはカラフルなイメージがありますが、それにはちゃんとした理由があります。登山中に霧がかかり視界が悪くなっときや万が一遭難したときに、発見しやすくなるからです。赤や青、ピンク、黄色といった色は山の中でかなり目立ちます。逆に暗めの色や黒色は目立ちにくいだけではなく、ハチに襲われやすくなる危険性もあります。レインウェアを選ぶ際はカラフルなものにするのがよいでしょう。

軽さ・コンパクトさ

レインウェアは登山の必需品ですが、常に着用するものではないのでなるべく軽くコンパクトなものの方がよいです。近年はレインウェアの軽量化が進み、100g前後の超軽量レインウェアまで登場しています。自分の登山スタイルに合わせたものを選びましょう

オススメのレインウェア

mont-bell ストームクルーザー

ジャケット Men’s/Women’s

モンベルを代表するレインウェア「ストームクルーザー」は、GORE® C-ニット™バッカーテクノロジーを採用することでしなやかさが向上。縫製箇所を減らすなどの大幅な軽量化と同時に、これまでにない柔らかな着心地を実現しました。すそやアルパインカフは、接着することで保水しにくくし、ポケット部分にもシーム処理を施し防水性を高めるなど、細部に至るまで徹底した防水・撥水処理を施しています。豊富なカラーバリエーションを展開し、すっきりした無駄のないシルエットを採用。ウインドブレーカーや防寒着としても活躍します。(出典:モンベル オンラインショップ

コストパフォーマンス最高!防水・透湿、軽量なのにお手頃価格。初めてのレインウェアならこれに間違いなし!

 

THE NORTH FACE クライムベリーライト

ジャケット メンズ/レディース

ゴアテックス®の新しい裏地構造・C-KNITバッカーを採用した、軽さと強さを併せ持つ防水シェルジャケット。透湿性能は従来の裏地と比較して15%以上向上。表素材は超軽量13デニールリップストップナイロン、そして止水ファスナーなどの付属にも妥協することなく軽量化とコンパクト性を追求しています。風のバタつきを軽減するスリムなシルエットやパックを背負ったままでも腕ふりがラクにできる運動性、アジャストの領域が広いヘルメット対応のフードなど様々なフィールドで活用できる仕上がりです。(出典:GOLDWIN WEB STORE

超軽量かつコンパクト!幅広いフィールドで活躍できる防水シェルジャケット

 

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、登山仲間と遠方の山まで登山を楽しみに行ったり、休日に都会の喧騒から離れて自然と触れ合ってリフレッシュしようという方は多いのではないでしょうか。

特に休日を利用して、2013年に世界文化遺産に登録された富士山に登ってみようという人も多いかと思います。

いずれのケースでも沢山の登山用具を車や電車に持ち込んでの移動は大変ですし、場所によっては最寄駅から登山口までの距離が遠く離れていたり、帰りのバスや電車の時間が気になって山登りを堪能できないということもあります。

そんなとき、貸切バスなら乗車場所はもちろんのこと、登山口や下山口まで送迎することも可能です。

また、運転はプロドライバーにお任せして、移動中は遠慮なく仲間同士で交流することができます。

移動から登山まで全て楽しみたいという方は、ぜひとも貸切バスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ