登山で命を落とさないためにも知っておきたい、熱中症の対策法

登山のコツ

身体が適応できないほどの高温多湿の環境下において起きる、様々な症状の総称のことです。主な症状としては眩暈や顔のほてり、吐き気やだるさ、体温が異常に高いなどで、あまりに重篤になると死亡することもある身近ながら恐ろしい病気です。

症状

めまい、湿疹、頭痛、吐き気、異常な体温の上昇、異常な発汗などです。発汗においては汗が出なくなることもしばしばあります。重度になると呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けないということが起き、水分補給ができないこともあります。

軽症から重症まであり、軽症のものは熱疾患と言われます。熱疾患は日射病とも呼ばれ、涼しい場所で横になって水分をしっかりとれば治ることが多いです。

大量の汗をかき、塩分が体外に出てしまい体内の塩分が不足し、手足などの筋肉が痙攣を起こすのが熱痙攣です。熱痙攣は軽くマッサージし、必ず水分だけでなく塩分を摂取することで症状が改善へと向かいます。

熱中症の中で最も重いものが「熱射病」です。ここまで来ると発汗によって体温調節が追い付かず、体内の温度を放出することができません。結果として体温が40度以上になったり、意識障害などを起こし、死に至ることもあります。

予防策

しっかりと水分を取る

山登りに行くのにたくさんの水を持っていくのは、荷物を軽くしたいことから避けがちだと思います。しかしながら携行する水分が少ないと水分を得られず、結果として脱水症を招き熱中症に繋がります。

塩分もとる

脱水・熱中症時には水分をとることは最重要ですが、汗として全身から塩分も出てしまっているので梅干しや塩、スポーツドリンクなどで塩分を補給することも重要です。体内に塩分が無いときに水分だけとるとかえって悪影響を与えることになりかねません。

体温調節を怠らない

登山時は全身を動かすため汗をかきやすく、汗が乾く際に体温の急な低下を招きやすいです。まずは極力汗をかかないよう衣服の着脱を意識しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました