登山初心者必見!本当に自分に合った登山靴の選びかた

様々なブランドから販売されている登山靴。初心者にとっては、どれを選べばいいか悩みますよね。そこで今回は登山靴の選び方をご紹介します。自分にあったものを見つけて、登山を楽しみましょう!

登山靴の種類

ハイキングシューズ:

スニーカーに近い形状をしていて歩きやすい。ローカットでソール(靴底)が軟らかいものが多く、一般登山には向いていない。

トレッキングシューズ(軽登山靴):

春~秋用の登山靴。ハイキングシューズよりソールが硬く、多少足場が悪くても問題なく歩行が可能。初心者向け。

重登山靴:

オールシーズン使用可能な登山靴。非常に堅牢なつくりで防寒・防水性に富む。雪山登山にも対応できるよう、アイゼン(靴底に取り付ける爪状の滑り止め)の装着が可能なモデルが多い。

登山靴には様々な種類があり、登る山や季節によって適したものが存在します。登山初心者ですと、日帰りもしくは1泊程度の登山が多いと思いますので、ソールが軟らかすぎないトレッキングシューズがオススメです。

一番大事なのはフィット感!

登山靴選びで最も重要なことは自分の足に合うかです。長時間歩き続けるスポーツである登山において、これより重要なことはありません。

自分の足に合わない靴を履き続けると疲れるだけでなく、靴擦れやマメの原因となります。サイズだけではなく靴幅や甲の高さなど、登山用品店で実際に履いてみて自分の足にフィットするか確認しましょう。

また、足への負担を減らすため厚めの靴下を履くことが多いです。自分の足のサイズより0.5cm~1cmほどで大きいものがいいでしょう。

オススメの登山靴

最近の登山靴は軽量で高機能なモデルが多いので、自分の気に入った登山靴を選ぶのがいいでしょう。しかし、なかには自分じゃ決めきれないという方もいらっしゃると思います。 そこで、そんな優柔不断な方のためにオススメの登山靴をピックアップしました。

mont-bell タイオガブーツ Men’s/Women’s

タイオガブーツ Men’s

タイオガブーツ Women’s

軽装備での山行やトレッキングなど幅広く使えるハイカットの全天候型ブーツです。耐摩耗性に優れたポリエステルと補強部のレザーで構成され、甲全面や足首の屈曲部から金具やレザーパーツを排し、より軽量で柔らかい履き心地を追求。足首は厚手の本革で補強し、合成皮革のステーとともに横方向のブレをしっかり押さえて安定感を確保しています。ミッドソールは軽量ながら適度な硬さを持ち、衝撃吸収性にも優れたビブラム社製E.V.A.を採用。膝への負担を軽減するとともに、足裏への突き上げを防止します。アウターソールは、モンベルオリジナルのビブラムソールを使用。濡れた木道やぬかるみでも安定感と滑りにくさを発揮します。(出典:モンベル オンラインショップ

日本人向けに作られたトレッキングシューズ。定番のモデルです。

 

caravan キャラバンシューズ C1_02S/C4_03

キャラバンシューズ C1_02S

キャラバンシューズ C1_02S/C4_03

登山入門者が使いやすいように設計された、キャラバンシューズの代表的なモデルです。履き口まわりに柔らかな生地やクッション材を採用し、足首を優しくホールド。指先まわりはゆとりを持たせ、アキレス腱部分は足首が動きやすいよう浅めにカットするなど、初めて登山靴に足を入れる入門者でも違和感なく履ける設計です。つま先部分にはTPU樹脂カップを採用し、指先をしっかりと保護。さらに、悪路でもグリップ力を発揮するキャラバントレックソールや、着地時の衝撃を吸収する インソールクッションシステムなどで歩行性能を高め、低山はもちろん、 富士登山、尾瀬や屋久島でのトレッキングにも最適です。(出典:キャラバン 公式ページ

こちらも日本人の足に合わせて作られたトレッキングシューズ。フィット感がいいです。

 

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございました。少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

さて、登山仲間と遠方の山まで登山を楽しみに行ったり、休日に都会の喧騒から離れて自然と触れ合ってリフレッシュしようという方は多いのではないでしょうか。

特に休日を利用して、2013年に世界文化遺産に登録された富士山に登ってみようという人も多いかと思います。

いずれのケースでも沢山の登山用具を車や電車に持ち込んでの移動は大変ですし、場所によっては最寄駅から登山口までの距離が遠く離れていたり、帰りのバスや電車の時間が気になって山登りを堪能できないということもあります。

そんなとき、貸切バスなら乗車場所はもちろんのこと、登山口や下山口まで送迎することも可能です。

また、運転はプロドライバーにお任せして、移動中は遠慮なく仲間同士で交流することができます。

移動から登山まで全て楽しみたいという方は、ぜひとも貸切バスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ